無線ルーター購入後、確認した方がいい事

こんにちは!
今日は無線ルーターの話をしてみます。

少し前までは各社安値重視の製品が多かったと思いますが、
現在は各社付加機能モリモリで値段も高めの製品が多くなってきている気がします。

そんな時型落ち品の一掃セールなどで特価品の無線ルーターをゲットしたとします。
型落ち品なので発売時期が1年前~数年前だったりしますが、
使用用途がインターネット(情報チェック、動画サイト)中心なら古い製品でも十分事足ります。

その製品が不評じゃないか等を調べたりという事も大事ですが、
まぁそれは置いといて、購入後家に帰って箱からあけて設置。
無事インターネットも繋がり一安心。

ちょっと待ってください!
その後販売メーカーの製品サポートページに行き、
購入した製品のソフトウェア更新履歴をチェックしてみてください。
(現在どのバージョンかどうかはルーター設定画面のファームウェアバージョンでわかります。)

例えばルーター設定画面から確認したファームウェアverが1.0.1で、
メーカーサポートページの更新履歴を見ると最新バージョンが1.0.5だったとします。
1.0.1~1.0.5に至るまでに様々な項目が更新されていると思いますが、
その中に「不安定」「不具合」「セキュリティ」などの内容があった場合重要な更新が行われた可能性があります。
この更新を行わずに使っていると「接続が不安定」「なぜか遅すぎる」などの症状が出る事も多々あります。

【ちなみに】
※ファームウェアのアップデートは失敗すると、最悪製品が壊れる可能性もあるので自己責任で宜しくお願いします。

無線接続が調子悪い、ファームウェアアップデートしたい時、
お気軽にPCサポート宏和へご相談ください。

起動しないパソコンからデータ救出

メーカー:HITACHI
機種:FLORA210W
ご依頼内容:OSがXPなので本体を修理するのではなくデータを取り出したい

この機種は本体裏面にHDDがあるタイプではなく、
パームレストの下にあるのでキーボードを取り外した後、
パームレストをスライドさせて裏返した状態にしてからHDDを取り外します。

flora1

 

 

 

 

 

 

 

 

flora2

 

 

 

 

 

 

 

取り外した後HDDをチェックしてみるとデータは無事でした。
お客様から指定されていたデータを光学メディアに保存して完了。

起動しないパソコンからのデータ救出もお任せ下さい。

PCサポート宏和オリジナルテキスト

タイトルでは大げさな感じになってしまいましたが、
簡単に言いますと、お客様毎にスキルの差はあって当然ですし、
今現在困っていることもバラバラです。

勉強を塾や家庭教師に教えてもらっている時は、なぜか凄いわかった感じがするんですよね。
私もそうでした(笑)
いざ1人になった時に「あれ?わかったはずなんだけどわからない・・・」←これは年齢関係なくあると思います。

私はトラブルを解決するだけではなく、
よりパソコンに詳しくなりたいと思っていただいているお客様にはどんどん詳しくなって頂きたいと思っています。
そこで一人になった時でも頑張っていただけるように、こういったテキストを作成することもあります。

市販されている書籍は欲しい知識がわかりにくい・・・。
といったお客様もお気軽にご相談ください。

txt

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LenovoのT60CPUファン換装

買った時に比べてPCが熱くなった。
買った時に比べてPCからフォーン、フォーンというファンの悲鳴が聞こえてくる。
そして極めつけは使用中しばらくすると電源がプッと落ちる。

上記は典型的な熱暴走の症状です。
パソコンには様々なファンが付いているのですが、
その中でも特にCPUファンは重要です。
こいつが埃詰まり、ヤニ埃詰まり、軸摩耗などで冷却効果を発揮できていないとPCが正常に使えません。

例えば今回CPUファンの換装を行ったT60の場合ですと、
resizeCameraZOOM-20140722191114196 t60ファン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな具合になっていました。
タバコを吸う環境下ですとさらにやっかいで、埃がヤニでネバネバしてさらにファンを傷めます。

 

暑い時期にパソコンの動作がおかしいなと感じたら、
PCサポート宏和にお気軽にお問い合わせください。

東芝REGZA_PC_D731の分解

大阪市都島区のお客様からご依頼頂きました。
光学ドライブの隙間からディスクが内部に入り込んでしまったので取り出したいとの事です。
今回の場合は一体型タイプのPCでした。
regzapc

 

 

 

 

 

 

 

こちらのタイプです。
ネジ数、ネジの種類はそこまで多くはないですが、
やはりアナタガイマスヨネ、「ツメ」そして「ツメ」
今回のPCだけではなく、他のタイプのPCでもそうなのですが、
お客様ご自身で分解チャレンジする時でネジを全て外しているはずなのに何故かびくともしない。
そんな時は「ツメ」が問題なことが多くあります。
ツメ問題をクリアして裏蓋外すとこんな感じです。
DSC00797

 

 

 

 

 

 

 

次に全体を覆っている部品を外し救出。
ついでにファンの埃も掃除を行って作業完了。

DSC00796

 

 

 

 

 

 

↑ホコリ掃除前です↑

一体型PCに関してのご相談もPCサポート宏和にお任せください。

 

ThinkCentre_A70(Lenovo)のCPU換装

CPU換装を行ったのですが写真撮り忘れてしまいました(がっくし

依頼内容はXPからWindows7にOSインストールし直したが、
動作が遅くストレスを感じるとのお悩みでCPU換装に至りました。

お客様と相談し今積んでいる「Celeron 450」から「Core2 Duo E8500」への変更と同時に
CPUファンの交換も行うことに決まりました。
CPUは中古良品を使用しコストを抑えますが、
CPUファンに関しては消耗品で尚且つ安価なので新品の物を使用します。

ここからの作業は簡単に終わらせた場合、物を手配し
届き次第換装を行って即納品ですが、そういった「プロの仕事」では無い事をしません。

以下行った行程
①HDD検査及びクローンディスクの作成(お客様のデータを再優先)
②メモリーテスト(Windows7への切替時メモリ2GBから4GBへ変更したという情報があった為)
ここまででPCの基本動作に問題がないかを確認します。
③CPU換装後「エージングテスト」を行い安定動作を確認
無事お客様に納品。

大阪のパソコントラブルは宏和にお任せください!!